クレジットカードを持つなら学生から

人差し指を立てる女子学生

 

学生向けのクレジットカードは、一般のカードとは違い基本的に18歳以上の学生であれば、収入が無くても持つことができます。

 

学生向けのクレカには、一般カードと異なった審査があります。
学生は、基本的に収入が無いのですから当然のことですよね。
といっても、以前は学生も一般向けカードで申し込みをしていました。
社会人の方よりも利用限度額が低く設定されたり、キャッシング枠が消滅していたりと条件付きの発行となることがあったようです。
せっかく申し込んでも条件ばかりで使うのに不便だったら、学生はクレジットカードを申し込もうなんてなかなか思ったりしませんよね。

 

今学生でも利用しやすいように、学生向けに用意された専門のクレジットカードがありますから審査の面でそういった心配はありません。

 

ですが学生であっても、現在も共通の審査もあります。
例えば、虚偽情報の確認、支払いの滞納情報、何らかのサービス料金の引き落としでトラブルを起こした。
など、そういった支払い関係のトラブルを重点的にチェックされます。

 

勘違いしないで欲しいのは、学生専用のクレジットカードだからといって審査が極端に甘いということではないということです。
学生であろうと、期限までにはきちんと支払いをしなくてはいけません。
支払いに関するトラブルばかり起こしているのであれば、当然審査に落ちる可能性ももちろんあるということです。

 

しかし、ローンや支払いを滞納しているようなことが無ければ、問題なくカードを作ることができるのでご心配なく。

 

学生のうちにクレジットカードを持つべき理由

手を合わせて喜ぶ女子学生

特典やサービス・ポイントを貯めて得をしたい。
これは誰もが思っていることです。
実はその他にも、利用歴によってプラスに働く部分があります。

 

クレジットカードを滞納せずに正しく使っていると、その情報が良い評価とされます。
その利用履歴は「クレジットヒストリー」とよばれ、蓄積された信用情報は、ローンを組むときに「この人は支払い期日を守る人だ」と評価され有利に運ぶこととなります。

 

意外かもしれませんが、生涯『現金払いの人』と『適切にカードを使ってきた人』とでは、信用情報の観点からすれば『適切にカードを使ってきた人』の方が信用度は高くなります。
現金払いの人の方が経済的に余裕がありそうだけど・・・と思いがちですが、大人になってもクレジットヒストリーが全く無い状態は、逆に信用度を疑われてしまう結果となるんです。

 

クレジットカードを特典やポイント獲得の目的だけで利用するのも良いですが、学生のうちから正しく利用することで、信用情報を貯めるといった隠れた実績作りもできるんですよ。

 

クレジットカードを利用する学生が増えているわけ

小さくガッツポーズする学生女子

最近では、家電・家具・洋服だけではなく、レストランや食料品スーパーでクレジットカード払いをしている学生を見かける機会が増えましたよね。

 

今までのクレジットカードは、収入のある社会人だけが持てるイメージが強かったですが、最近ではサービスが充実しているのに年会費が掛からないといった、学生向けのクレジットカードが登場し人気となっています。

 

お店で支払いをするときに、現金ではなくクレジットカード払いに変更するだけで、ポイントが貯まるのですから利用しないわけにはいかないですよね。
クレジットカードは、手数料が掛かると心配される方もいますが、一括払いでしたら現金と同じ金額で手数料も取られません。

 

実際使うとわかるお得ポイント

家賃や公共料金の支払いからネットやスマホの通信費、交通費に食費など、生活にかかる支払いを現金や口座引き落としからクレジットカードにまとめて一括払いに変更するだけでも、年に数千円から数万円分のポイントを貯めることができます。

 

貯めたポイントは、商品券や電子マネーのポイントに交換したり、家電屋やネット通販サイトのポイント、航空会社のマイレージに交換することができます。
使い方を間違えなければ、損は無く得だけできます。

 

その他にも、入会時のキャッシュバックや獲得ポイントが数倍といった特典や、海外旅行時の旅行保険の補償額や購入額に応じてキャッシュバックがあったりと学生専用の特典もあります。
お得なポイントも多いために、大学の卒業旅行に行く前に早めにクレジットカードに申し込んで旅行のために準備する学生も増えているようです。
早めにクレジットカードを持っておいたほうが、使い方にもある程度慣れることができるので旅行の時にも安心ですね。
また旅行の時は、たくさんの現金を持ち歩くよりもクレジットカードの方が便利に使えるということで人気があるようです。
学生向けのクレジットカードは、社会人向けのものよりお得に作られていますので、まだ一枚も持っていない方には絶対にお勧めです。

 

クレジットカードの申し込みで知っておきたいこと

学生向けのクレジットカードは、利用限度額が低く設定されていますが、18歳以上の学生で親権者の同意を貰えれば、基本的に収入がなくても持つことができます。

 

学生向けとはいえ中身は一般のと同じクレジットカードですから、まだ一枚も持っていないという方は、興味をもったこの機会に学生向けのクレジットカードを作ってみてはどうでしょうか。

どこのクレジットカードが良いのか?

複数のクレジットカードの画像

クレジットカードを選ぶ基準は人によってそれぞれ異なると思います。

 

自分が持つなら、まず先に特典やサービス内容・維持費などを重視したいですよね。

 

一枚目のクレジットカードは、実は外れ(特典やサービスがそれほど良くない)だったということは良くある話です。それはそうですよね・・・まだ何もカードの事を知らずに申し込むのですから。

 

外れではない当たりの最強のクレジットカードとは?

少し曖昧な表現になりますが、実際に選んで失敗がもっとも少ないカードは存在しています。

 

あらゆる世代から別格のクレジットカードと認識されている種類があります。ここでは、その具体的な会社名までは出しませんが、何だと思いますか?

 

それは、銀行系のクレジットカードのことです。これは「特典やサービス内容・ポイント還元率・利用できる加盟店の多さ・信用性・知名度・社会的ステータス・世代イメージ」など、あらゆる面を考慮した結果となります。

 

銀行系クレジットカードは申し込み時の審査が一番厳しいとされています。基本的に「審査が厳しい=信用度が高い」となりますので、銀行系クレカは正しい使い方をしていれば、ローンを組むときに有利に運びやすいのも特徴です。将来、車や住宅をローンで購入したい方は、信用情報の実績作りとして選択するのも良いと思います。

 

そんな審査の厳しいとされている銀行系クレジットカードにも、申し込みやすい学生向けの枠も用意されています。

 

学生向けのカードは、維持費が無料または安く設定されていますので、所得の無い学生でも安心して申し込むことができます。学生のうちから信用の高いクレカを持っておくと、社会人になってから「作っておいて良かった」と、思える日がきっと来ると思いますよ。

相互リンクサイト様

マネーに関する相互リンク掲載サイト様をご紹介いたします。

 

お金についての知識は学校でも教えてくれませんし、親や友達にも相談しづらいものですよね。自ら調べて能動的に勉強しないと生きた知識を得ることはできません。

 

そういった際に参考になるようなサイト様です。

 

 

 

もしもお金を借りたいと思ったときに読むべきコンテンツです。友達や親にも言いにくい「悪いんだけど、お金貸してくれない?」という状況になったら参考にしてください。
参照先サイトは以下の通りです。
お金借りたい人に人気のキャッシングをまとめました
http://letitredebruno.com/